群馬で相続・遺言・成年後見の相談と手続きサポート

HOME » 【後見】について » 法定後見とは②

法定後見とは②

法定後見制度とは、すでに判断能力が低下している場合に、家庭裁判所が適切な援助者を選び、その援助者が、本人に代わって、法律行為や財産管理などの必要な支援を行う制度です。

法定後見制度の利用の流れ

法定後見制度を利用する場合の手順は以下のようになります。

①申立て

家庭裁判所で手続き案内を受けます。
申立書や医師の診断書など必要な書類を用意して、家庭裁判所に提出します。

②調査・鑑定

①の申立書が受け付けられると、家庭裁判所が、申立人や後見人候補者に事情を尋ねたり、本人に意思の確認をしたりします。必要があるときは、本人の判断能力について鑑定が行われます。

③審理・審判

②の調査や鑑定が終了すると、家庭裁判所は後見等の開始の審判を行い、併せて後見人等を選任します。本人・申立人・後見人等に審判書が送られてきます。

④登記

成年後見人等が審判書を受け取ってから2週間以内に不服申立てがされなければ、審判が確定しその内容が登記されます。
登記が済むと家庭裁判所から登記番号が通知されます。

⑤後見事務

家庭裁判所で指導を受けたとおり、本人の財産を預かり、収入や支出を記録し、生活の様子に気を配ります。家庭裁判所から求められたときには、期限までに報告をします。
最初の報告は、審判確定後一ヶ月以内に提出する「財産目録」と「年間収支予定」です。

⑥後見終了

本人が亡くなったときや、本人の判断能力が回復したときは、後見は終了します。
家庭裁判所に終了の連絡をし、亡くなった場合には、相続人に財産を引き渡し、家庭裁判所に後見事務終了の報告書を提出します。

詳しくはこちらのpdfをご覧ください → 法定後見の流れ

お問い合わせはこちら

相続・遺言・後見サポートセンター群馬
運営:行政書士こやま法務事務所 代表 小山大嗣
所在地 〒377-0425 群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条442-1 ニューハイツⅠ 102号
TEL:0279-75-0261
FAX:050-3730-1407
メール:info@koyama-animal.com
営業時間:平日9時~18時 *夜間や土日祝でも出張相談応じます

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab